スタッフブログ

STAFF BLOG

コラム2019/6/18

レンジフードのお手入れ方法

レンジフード

 

定期的に掃除をするべきなのはわかっていても、掃除の手間もかかりなかなか手がつけにくい場所といえば「レンジフード」ではないでしょうか。

 

 

定期的なお掃除をしておかないと汚れがこびりついてしまい、より取れなくなってしまいます。

 

 

 

レンジフードの汚れの多くは「油」と「ホコリ」が原因です。

 

 

 

鉄に付着すると進みやすい特性を持っていて、油が光や酵素によって水飴のように樹脂化してしまいます。

 

 

台所で油ものの調理をしていて、その油を含んだ煙を吸い上げることによってレンジフードに付着します。特にシロッコファンや内部に汚れが溜まりやすくなります。

 

 

 

まず、フィルターやシロッコファン、整流板など、取り外せる部品は取り外しましょう。

 

新聞紙を敷くと、周りも汚れずに済みますね。

 

 

 

定期的なメンテナンス方法としては、小麦の「油汚れを吸い取り固める」性質を利用して掃除する方法です。

 

小麦粉を粉のまま汚れが気になる部分にふりかけます。

 

小麦が油を吸い取ったらポロポロと擦るだけできれいになります。

 

 

 

長期間掃除をしておらずひどい油汚れになっている場合は、アルカリ性の洗剤でお手入れをして、つけ置きをすると洗剤の効果がより高まります。

 

 

汚れが落ちない部分はブラシで擦って落としていきます。

 

汚れを浮かす為にも、15分程度つけておくようにしましょう。

 

 

 

 

レンジフードは汚れやすい場所です。

 

 

キッチン全体がベタベタするだけではなく、隣接するダイニング、リビングも汚れやすくなってしまいます。

 

 

汚れがそれほどひどくなければ、ぜひご自分でレンジフードを掃除してみましょう。

 

こまめなお掃除を心がけると故障もしにくくなりますよ。

 

 

メールフォームへ お電話での問い合わせは098-964-2680まで
  • インスタグラムへシェア
  • フェイスブックへシェア
  • rss2.0
ページトップへ