スタッフブログ

STAFF BLOG

コラム2020/2/20

寒い冬の入浴法

お風呂

 

ここ数日沖縄も寒いですね。

 

 

 

沖縄の冬は思っているより寒いのです。

 

 

 

沖縄は海に囲まれているので、海からの風をあたりやすく、さらに風が強いと気温よりとても寒く感じます。

 

 

 

 

それでも沖縄県民は「お風呂=湯船に入らない」と言われていますが、お風呂は身体だけでなく心までも温めてくれるので、やっぱり欠かせないものです。

 

 

 

 

軽くシャワーを浴びただけの人と、湯船にゆっくり入った人とでは、疲れの取れ方が全然違うそうです。

 

 

 

 

お湯に浸かることで、体がぽかぽか温まり、血流が良くなり、体にたまった悪いものが体の外に流され、疲れが取れやすくなります。

 

 

 

 

また、自律神経の調子を整える事も出来ます。

 

 

 

 

ストレスやイライラを解消したい時は、ぬるめのお湯に浸かるのがオススメです。

 

 

 

 

冬場は40℃前後の温度に長く浸かることで、落ち着いた気持ちにさせてくれます。

 

 

 

 

体の冷えを改善したい時も、熱い湯ではなく、ぬるめのお湯が効果的です。

 

 

 

 

また気をつけたいのが寒い季節のお風呂で起こる「ヒートショック」です。

 

 

 

急激な温度変化により、体が悪影響受けます。

 

 

 

つまり温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされ血圧が急変します。

 

 

 

最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性があるんです。

 

 

 

 

沖縄は大丈夫と思われがちですが、沖縄県民もヒートショックになる可能性が高いそうです。

 

 

 

また高齢者だけでなく、子どもや若い人でも起こりえるので気をつけましょう。

 

 

 

”良い睡眠をとるためにも、良い入浴”

 

 

 

こんな時期には温かいお風呂に入ってしっかり体を温めて一日の疲れをとりましょう。

 

 

メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせはTEL:098-964-280
  • インスタグラムへシェア
  • フェイスブックへシェア
  • rss2.0
ページトップへ